湘南いい家 オークランドホーム社長のブログ

syounaniie.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

SA-SHEの家

昨日、お客様をお迎えいたしました。
「SA-SHEの家を建てたいと思っています。」
テーブルに着き、私どもが説明する前から
このように言っていただきました。
いい家が欲しいを読まれ、建売やマンションを買う気には
到底なれないと、購入して数年で後悔するような
家は絶対に持とうとは思わない、
次回来社の時は、奥様をお連れしたい・・・
お聞きしていて、本当にうれしさがつのりました。

SA-SHEの家は玄関に入り、数分の経過のうちに
お客様をとりこにしていきます。
包み込まれるような暖かさ、
すうーと吸い込みたくなるような空気、
生身の体で五感で、体感すると
お客様はこの家です。
この家を建てます。と、直感的に判断していただくようです。
昨年、SA-SHEの家を12月に引き渡してから、
13棟の着工となっています。
湘南の地に、ソーラサーキットーを前進させた
SA-SHEの家が確実に定着しようとしています。
a0169488_13161414.jpg

現場に行ってきました。
木の香り、大工さんの元気な顔、
やっぱり現場は良いのです。
[PR]
by syounanniiie | 2009-11-13 20:15

起工式

当社近くのレストランで起工式を執り行いました。

11月6日、かごの屋にて。
a0169488_13143239.jpg

お施主様より、職方の一人一人にねぎらいの言葉と、
工事中の安全にくれぐれも注意して下さいと、
お言葉をいただきました。
お忙しい中、ご家族皆様で参加いただき
本当にありがとうございました。

11月7日、濱町にて。
a0169488_13145464.jpg

七五三シーズンでいつものかごの屋さんが予約できず、
車で10分ほどの所にある濱町さんとなりました。
大なべでしゃぶしゃぶをいただき、
ご飯おかわり OK で、職方一同大満足でした。
お施主様が職方全ての者に自ら席を立たれ、
ご挨拶している姿が印象的でした。
ご挨拶で家を造るにいたった物語を
一言一言かみ締めるようにお話しいただきました。
職方の自己紹介で、タイル屋が、
「先ほどのお施主様の話しを聞いて感動しました。
工事に入るとき、この感動を忘れずしっかり工事します。」
と、言いました。
私は感動しました。
本当に起工式を執り行うように企画して良かった。
思い起こせば、2年前から起工式をしています。
経費もかかるし、忙しい職方の皆に夕方疲れた体で
集まってもらうのも気が引けるなどと、思い悩んでいました。
しかしここ最近の起工式で職方の意識が
大きく改善されていることを感じるのです。
現場が整然と整い、タバコは禁煙、
何よりお施主様が現場に来ていただいた時に
コミニュケーションが良いのです。

人々が集うと良い気がまわり出します。
がんばろう、がんばろう、
いい家造りにがんばろう、
自分自身に言い聞かせました。
[PR]
by syounanniiie | 2009-11-12 18:14

富士山

「富士山が今日はきれいによく見えるよ。」
「どこで?」
「・・・・? この家だよ。ベランダから見えるの知らないの?」
朝、息子と私が交わした会話です。
この家から富士山が見えるとは思いもよらぬことでした。
a0169488_13132131.jpg

なんという幸せ。
家から富士山を拝めるとは、もったいないほど
ありがたいことです。
くっきり浮かんだそのお姿に思わず手を合わせました。

午後、横浜よりステキなお客様が見学に来て下さいました。
建売や中古、マンションを買って、健康に過ごせなくなることが
心配であること、
「いい家が欲しい」を読んで、家が健康を左右することを知り、
慎重になってしまうこと、奥様の家選びの不安をお聞きいたしました。
そうなのです。貯蓄した金銭と長期の住宅ローン、
全てをつぎ込んで、健康に過ごせない家では、
家など建てるのではなかったということになります。
家 イコール 健康
賢い家造りが人生を左右するのかもしれません。
[PR]
by syounanniiie | 2009-11-03 13:12

先代への誓い

先日、逗子にて上棟。
2日がかりの上棟となりました大きな家です。
上棟式でお施主様より、大工たちそして当社スタッフにも
暖かいねぎらいの言葉をいただきました。
家を建て替えるにあたり、
a0169488_1311555.jpg

多くの方々から、
取り壊すにはあまりに忍びないと、
古い家を維持していくことを勧められたそうです。
木造の大きな家と贅を凝らした築山のある庭、
家から直に入れる見事な蔵がありました。

夏の暑さ冬の寒さを絶えることの厳しさ、
幹線道路に面しているため、大型車が通るたびに
地震かと思うほどの振動・・・
住み心地を求め、家族皆が健康に幸せに生きるために、
大きな決断にいたったこと。
お施主様の話を聞きながら、取り壊されていった家のあるじ、
その家を造った多くの職人、維持管理するに多くの庭師、手伝いの者、
たくさんの人々が私の脳裏に浮かび上がりました。
お施主様は上棟式の席で、私たちに話しかけながら、
先代へいい家を造ること、そして幸せに未来へ力強く生きていくことを
誓っているのだと感じました。

大工をはじめスタッフ一同、
お施主様から新たに、
いい家造りの心意気を教えていただきました。
[PR]
by syounanniiie | 2009-11-03 12:10