湘南いい家 オークランドホーム社長のブログ

syounaniie.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

システムキッチン ショールームへ

サンウェーブ、TOTOのショールームへお施主様と共に
行ってきました。
システムキッチン背面の家電収納、キッチンクローゼットの
打ち合わせ。
コミ箱、飲料水サーバーの配置をどうするか、
最終確認となりました。
ゴミの分別が、生ゴミ、プラ、カン、ビン、再生紙、ペットボトル、
不燃ゴミ・・・とにかく細分化され、いかに効率良くゴミを
収めるか、主婦の頭の痛いところとなっています。

体感ハウスにもお寄りいただき、台所のゴミ箱
ダルトンを見ていただきました。
タワー型でがっちり丈夫な作りで、
使い勝手はなかなか良いかなと思っています。
a0169488_11523266.jpg

お施主様の現場は配筋検査も終了し、基礎工事が完了。
大きな木が繁り、通りに面した大門があります。
ステキなアプローチを提案したいので、参考資料を集め、
照明などの配置を考えているところです。
a0169488_11531784.jpg
奥様と解体した古い家の話となり、
とにかく冬は寒く、夏は暑く、
冬の朝、起きてまずすることは、
暖房器具に手をかざし体を暖めること、
お嬢様の制服も暖めておいたそうです。
亡くなられた父上様も家の過酷な温度環境に
体を順応させることは、高齢の体には過酷であったこと、
思い出をお話しいただきました。

奥様のSA-SHEの家への期待に答えるよう、
工事に携わる全ての者にこの想いを伝えなければなりません。
24日の起工式で、お施主様ご家族と職方一同の
会食を予定しています。
[PR]
by syounanniiie | 2009-10-15 22:18

いろんなこと

ブログを更新しようと思っているのですが、なかなか思うようにいきません。
15分以内で更新するとか、自分なりの決まりごとを作ればよいのかな、
などと考えています。
まとめて最近の思い出を綴ってみます。

先週末、上棟がありました。
a0169488_2183273.jpg
若いお施主様が、プランや予算、なるほどなと感心するほど
よく考えられた家造りをしています。
土地選びから施工法、施工店の選択、
決定していくことのエネルギーは大変なものと思います。
若いご夫婦なのに、本当によくやっているなあと
感心します。
写真のお顔の表情が、ヤッタヨネーと
建ちあがっていく我が家を見上げ、
良いですね。
施工店、冥利につきるお写真です。

週末、お客様を体感ハウスにお迎えするので、
生花を買いに行きました。
a0169488_11494249.jpg

茅ヶ崎にある柴田花店、皇太子様に似ている(?)
若いオーナーのお店です。
お任せでいつもセンスの良い、時節にあったお花を
取り揃えてもらっています。
他店に比べお値段も安く、がんばっているなあと思います。

観葉植物の植え替えをしました。
庭でお日様の光をあびながらの土いじりは
楽しい作業となります。
a0169488_11501044.jpg

a0169488_11502942.jpg

新聞一面に「さらにいい家を求めて」の広告。

a0169488_1151077.jpg

一人でも多くの人に伝わって欲しいと思います。
女性ならではの気付きや、読みやすい文体から
だれにでもわかる住宅の解説書です。
健康に過ごしたい、家族の幸せを願う女性が提言する家造りの本です。
これから家造りをする方には、ぜひぜひ読んで欲しい本です。
[PR]
by syounanniiie | 2009-10-14 21:48

9月

9月、思い出深い行事がたくさんありました。

鎌倉市にて、上棟。
a0169488_11464122.jpg

高所での作業、大工は本当にかっこいいなあと思います。
たくさんの若者が大工を目指して欲しい、
あこがれの職業となって欲しいと思います。

ルーフバルコニーから、海が望めます。
a0169488_1147117.jpg

9月に地鎮祭が三件ありました。
昨年12月にはじめてSA-SHEの家を引き渡してから、
平塚市の現場は13棟目となります。
湘南の建築、不動産業が倒産、廃業と、このところよく耳にします。
このような状況で、契約が途切れることなく、順調にいただけることは
本当にありがたいことです。
高齢の母上様とお嬢様の家です。
クリスチャンのご家族なので、神父様が執り行って下さいました。
全員で聖歌を2曲、歌いました。
a0169488_11473210.jpg

歩いてすぐ近くのSA-SHEの家に、地鎮祭の後、
見学に来て下さいました。

a0169488_11475515.jpg

お母様への思いやりにあふれた三人姉妹の方々、
打ち合わせの度に家族っていいなあ、あったかいなあと思うのです。

母上様と初めてお会いしたとき、戦争で満州から引き上げてくる様子を
涙をこらえながらお話しいただきました。
乳飲み子がぱたぱたと死んでいく地獄のような中、
知恵を働かせ、病弱な体を奮い立たせながら、やっとの思いで帰国したそうです。
帰国後、3人の姉妹が生まれ、今、その娘様たちが母上様のために、
住み心地の良い家を求め、私どもとのご縁が結ばれました。
「いい家が欲しい」の書籍との出会いが不思議で、
そして本当に良かったとお嬢様は話されました。

命の尊さ、今あることの喜びを家造りを介して教えていただきました。
[PR]
by syounanniiie | 2009-10-01 00:44